PAGE TOP

インフォメーション

印刷する

富山大学 News Release 『富山大学大学院理工学研究部岡崎琢也博士研究員、倉光英樹教授らのグループが、地熱水からのスケール(水垢)生成を評価可能な光ファイバーセンサーを開発』

2017年6月19日

事務局

富山大学 News Release 『富山大学大学院理工学研究部岡崎琢也博士研究員、倉光英樹教授らのグループが、地熱水からのスケール(水垢)生成を評価可能な光ファイバーセンサーを開発』を紹介します。

富山大学大学院理工学研究部 岡崎 琢也 博士研究員、倉光 英樹 教授、上田 晃 教授らの研究グループは、地熱水からのスケール(水垢)生成をリアルタイムに計測できる、光ファイバーを利用した新しいセンサーの開発に成功しました。このセンサーは、近年、地熱利用の推進において大きな障害となっているスケールの生成を評価可能にしたものです。化石燃料の代替エネルギーとして注目されている地熱利用の促進に大きな役割を果たすことが期待されます。

ホームページは こちら
プレスリリースは こちら

キーワード