PAGE TOP

新着記事

インフォメーション(39)

コラム(26)

会員紹介(19)

技術情報(14)

シンポジウム・講演会(11)

新規事業・プロジェクト(5)

光ファイバセンシングとは(4)

Q&A(2)

メールマガジン(14)

LEAFLET (和文・EN)(1)

インフォメーション

印刷する

一般社団法人センサイト協議会「センサイト・プロジェクト」WEBジャーナル 2021年1月特集『光ファイバセンサ(1)』を紹介します。

2021年1月5日

事務局長

 今や光ファイバ通信は社会生活に密着した技術となっているが、その開発段階ではLD、光ファイバ、PDの基本要素は日本の特徴とする技術であった。これら日本の得意技術を元に計測センサへの応用も進み、構造物、医療、工業現場、船舶などへの普及も進んできている。今回は光ファイバセンシング振興協会との連携により、光ファイバセンサの現状について2ヶ月連続で特集を組んだ。

・光ファイバセンサ技術の概要と研究動向
           中村 健太郎(東京工業大学 科学技術創成研究院 教授)
・生産性・品質向上、設備保全の革新を実現する分布型光ファイバ温度センシ ング
           平井 剛(横河電機(株))
・持続可能な社会インフラを支える分布型光ファイバ歪みセンサ
           小泉 健吾、村井 仁、山口 徳郎(沖電気工業(株))
・その他、様々な光ファイバセンサ
           町島 祐一((株)レーザック)

記事は     こちら

※期間中に今回の特集号を基に光ファイバセンサWEBセミナーを開催しますのでぜひご参加ください。
 申し込みは  こちら

キーワード