PAGE TOP

新着記事

インフォメーション(25)

コラム(23)

会員紹介(11)

技術情報(14)

シンポジウム・講演会(11)

新規事業・プロジェクト(5)

光ファイバセンシングとは(4)

Q&A(2)

メールマガジン(9)

LEAFLET (和文・EN)(2)

会員紹介

印刷する

会員《宇部エクシモ株式会社》プレスリリース『歪センサー用 FRP 光ケーブルの開発について』

2019年9月12日

事務局長


 宇部エクシモ株式会社(社長:髙橋俊充)は、FRP(繊維強化プラスチック)被覆技術を応用し、コンクリート構造物の歪みをモニタリングする光ファイバーセンシング用のFRP光ケーブルを開発した。  
 宇部エクシモのFRP光ケーブルは、独自のFRP被覆引抜成形法により、光ファイバー素線にガラス繊維をFRP被覆して一体成形している。このたび製造条件の最適化により伝送ロスを最小化し、さらに表面に施した凹凸賦形によりコンクリートとの定着性を向上させたFRP光ケーブルを開発した。光ファイバーをFRPで保護しているため、施工時に光ファイバーが折れ難く、またコンクリート構造物の歪みなどを高感度でセンシングする性能に優れている。

プレスリリース は  こちら
宇部エクシモ(株)は こちら

キーワード