PAGE TOP

インフォメーション

印刷する

『第7回アジア太平洋光センサ会議(島根県松江市)(APOS2018)』が論文投稿および企業展示を募集します。当協会は、『APOS2018』を共催します。

2017年6月10日

事務局

 『第7回アジア太平洋光センサ会議(島根県松江市)(APOS2018)』が論文投稿および企業展示を募集いたします。当協会は、『APOS2018』を共催します。

 『アジア太平洋光センサ会議(Asia-Pacific Optical Sensors Conference(APOS))』は、光計測・光センシングや光ファイバセンシングに関するアジア太平洋地域を中心とした国際会議で、2008年に中国成都で開催されて以来、1年半毎に開催されてきました。今回、7回目にして初めて日本で開催されることになりました。前回(2017.3)は約180件の発表で、アジア太平洋地域に加えヨーロッパからの参加もあり、当該分野の重要な国際会議のひとつとなりつつあります。第1回から10年目の節目となる開催を日本で行うにあたり、光センシングや光デバイスに強い我が国の特長を生かした有意義な会議になることが期待されます。

日程:2018年5月28日(月)~ 5月31日(木)
場所:くにびきメッセ(島根県立産業交流会館) 島根県松江市学園1-2-1
主催:光ファイバセンサ国際会議日本委員会
共催:特定非営利活動法人光ファイバセンシング振興協会
協賛:電子情報通信学会、日本光学会、応用物理学会、電気学会 他
後援:松江コンベンションビューロー

ホームページは こちら

開催案内・論文募集(日本語)は こちら

開催案内・論文募集(英文)は こちら

企業展示募集案内は こちら

企業展示申込書は こちら

松江城

        松江

宍道湖   

        宍道湖

くにびきメッセ

      くにびきメッセ

アクセス

        アクセス

キーワード