PAGE TOP

シンポジウム・講演会

印刷する

第9回シンポジウムは盛会のうちに終了しました。多くの皆様の参加ありがとうございました。→ 2017年10月30日(月)第9回シンポジウムを開催します。

2017年9月2日

事務局

<第9回シンポジウム>

基調講演「超臨界地熱開発における光センシングの役割」
企業・大学発表「光ファイバセンシングの未来を見据えて」

 光ファイバセンシングは多くの現場で活発に展開されていますが、海外に比べると国内市場はまだ発展途上で今後の拡大に期待がかかっています。そこで、将来大きく展開されると期待される、再生可能エネルギーの分野で、光ファイバセンシングの重要な応用分野となる可能性を秘めた超臨界地熱発電を取り上げ、この分野で第一人者の産業技術総合研究所・福島再生エネルギー研究所の浅沼 宏様に基調講演をお願いすることにしました。
 また、「光ファイバセンシングの未来を見据えて」と題して、当協会の会員(企業)、光ファイバセンシングを研究されている大学等による最前線の発表も併せて行います。
是非とも多くの方々のご参加を頂きたいと存じます。


日時:2017年10月30日(月) 13:00~17:00
主催:特定非営利活動法人 光ファイバセンシング振興協会
共催:国立大学法人東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻
協賛:公益社団法人応用物理学会光波センシング技術研究会、日本メンテナンス
         工業会、一般社団法人次世代センサ協議会、株式会社オプトロニクス社、
         一般財団法人光産業技術振興協会、特定非営利活動法人日本フォト二クス
         協議会
会場:東京工業大学・蔵前会館 1階 ロイアルブルーホール (地図は こちら
住所:〒152-0033 東京都目黒区大岡山2丁目12-1

         参加申し込み事前登録 受け付け中!!! 

        シンポジウム参加申し込み

              -----プログラム-----

13:00 主催者挨拶  中村健太郎 理事長

13:15 基調講演:「超臨界地熱開発における光センシングの役割」
             産業技術総合研究所 福島再生可能エネルギー研究所
           再生可能エネルギー研究センター 地熱チーム長
           浅沼 宏 様

14:15 休憩及び併設「デモ機並びに実用センサ見学・体感コーナー」
     横河電機(株):光ファイバによる温度・歪・振動計測ソリューション
             (株)KSK:FBGロングセンサによる計測・モニタリングシステム
               ニューブレクス(株):高精度光ファイバ分布センシング
             沖電気工業(株):高速BOTDRが実現する社会インフラモニタリング
               豊橋技科大:FBGセンサを用いたCFRP補強部の歪モニタリング
                (株)ハイテック:WLPI技術を用いたファイバセンシングシステム
     東工大(1):リアルタイム分布型ひずみ計測
               東工大(2):JST OPERAプログラム:社会活動継続技術共創コンソーシアム
              

15:05 企業・大学からの発表「光ファイバセンシングの未来を見据えて」
     横河電機(株):光ファイバセンサによる温度・歪・振動計測ソリューション
     島根大学:TW-COTDRによる高精度地すべり挙動モニタリング
     白山工業(株):位相シフト光パルス干渉法振動観測システムによる
             火山観測の試み
     東京大学:光ファイバセンサによる歪分布と変形の再構成

16:45 協会からのお知らせ

17:00 閉会

17:30 技術交流会(名刺交換会)     ロイアルブルー精養軒

(*) プログラムは変更する場合があります。
(*) 展示は12:00からご覧になれます。

参加費(資料代込) :2,000円(学生:無料)(当日会場にて申し受けます)
技術交流会参加費 :   4,000円(当日会場にて申し受けます)

                               プログラムの詳細は  こちら

        シンポジウム参加申し込み

キーワード