PAGE TOP

新着記事

インフォメーション(52)

コラム(32)

会員紹介(44)

技術情報(20)

シンポジウム・講演会(13)

新規事業・プロジェクト(7)

光ファイバセンシングとは(4)

Q&A(2)

メールマガジン(26)

Brochure (和・EN)(3)

会員紹介

印刷する

会員《株式会社レーザック》 OFDR技術を用いたひずみセンシングシステムが新技術活用情報システム(NETIS)に登録されました。

2023年8月3日

事務局
会員《株式会社レーザック》の OFDR(Optical Frequency Domain Reflectometry)
技術を用いたひずみセンシングシステムが、国土交通省が運営する新技術活用情報シス
テム(略称:NETIS)に登録されました。0.6mmピッチで最大50,000µεのひずみを
20mにわたって計測できる技術です。

《新技術概要説明情報》
 NETIS登録番号 KT-230088-A
 技術名称       光ファイバセンサを用いたひずみモニタリング装置
 アブストラクト 本技術は、橋桁やトンネル内壁等のひずみを光ファイバセンサを
           用いてモニタリングし、曲げ応力等を計測する技術で、従来は、
           ひずみゲージによる計測で対応していた。本技術の活用により、
           連続的なひずみをリアルタイムに計測することが可能となるため、
           品質の向上が図れる。

 NETIS は こちら
 株式会社レーザックのホームページ は こちら

キーワード