PAGE TOP

新着記事

インフォメーション(48)

コラム(28)

会員紹介(26)

技術情報(14)

シンポジウム・講演会(11)

新規事業・プロジェクト(6)

光ファイバセンシングとは(4)

Q&A(2)

メールマガジン(18)

Brochure (和・EN)(3)

会員紹介

印刷する

会員《沖電気工業株式会社》プレスリリース『光ファイバーセンサーを用いた空間分解能10cmでの温度計測技術を開発 ~ 750℃で長時間使用でき最高950℃まで計測可能であることを実証 ~』

2022年5月31日

事務局
会員《沖電気工業株式会社》プレスリリース
 『光ファイバーセンサーを用いた空間分解能10cmでの温度計測技術を開発』
    ~ 750℃で長時間使用でき最高950℃まで計測可能であることを実証 ~

 沖電気工業株式会社、中国電力株式会社、一般財団法人電力中央研究所は、次世代火力発電プラントや化学プラントなどの超高温設備の運用課題に着目した温度計測技術を開発しました。伝熱管や反応装置など、精密かつ超高温となる設備の異常をリアルタイムに検出するため、750℃以上の環境下で動作し、空間分解能10cmで光ファイバーに沿った温度分布を計測可能とする次世代の技術です。これにより超高温設備の負荷変動時に生じる異常過熱をリアルタイムに解析することができ、装置の省エネ化や長寿命化に貢献します。

プレスリリース は  こちら
沖電気工業株式会社のホームページ は こちら

キーワード